Event is FINISHED

「あてもない」時間のススメ #3

Description

あてもない「時間」のススメ#3

 -The sense of Wander, the chance of Wonder-


あてもなく、歩きだしてみると、気づかなかった不思議を見つけることがある。
ぼんやりと、単純作業をしていたら、ひょんなことを思いつくことがある。
とりあえず、何かをはじめてみたら、ふとしたきっかけにであうことがある。
そして、その思いつきが、きっかけが、不思議が、人生が変えてしまうことがある。

「あてもなく研究所」は、ひょんな「とき」をさがしています。これまでに、なんとなく
このヒトだ!と思った方々に、インタビューを繰り返してきました。

野生動物を撮り続けるカメラマンは、「撮るぞ!」と思っていないときこそ
撮りたい動物がひょんに現れる、と言いました。

趣味がトレイルランの敏腕編集者は、シャワーを浴びているときに、なんだ
かんだ次の本のアイデアが浮かぶと言いました。

面白がり屋のとあるプロデューサーは、ひとりではなく、誰かとまちなかを
歩くとき、新しい発見がある、と言いました。

古代ギリシア時代、チクタクチクタク、時を一定に刻む時間は「クロノス」と呼ばれました。
一瞬のタイミングで、二度を訪れない偶然の機会は「カイロス」と呼ばれていました。

時間に追われ、せかせか生きる現代に、絶滅危機に瀕している「ぼんやりさまよう」ことが、
もしかしたら、カイロスの訪れを待ち構える、そのための、時間なのかもしれません。

そして、このカイロスの訪れは、みなさんにも身に覚えがあると思います。
その構造についてわかったことをこちらから、共有します。
そして、なんとなくふり返り、とりとめもなく語り合い、ゆったりと話しましょう。
ひょっとすると、自分の「とき」の流れを変えられるかもしれません。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆KAIROS ZINE 発売中◆
時の有識者のインタビューを集めた、ZINEも発売中(¥500)です。

[ 取材先 ]

中村 政人氏(東京藝術大学 美術学部 教授/ コマンドN代表理事)

大本 綾氏(株式会社Laere共同代表 / クリエイティブ・プロセス・デザイナー)

藤澤 健太氏(山口大学 時間学研究所 教授・時間学研究所 所長)

川上 浩司氏(京都大学デザイン学ユニット教授 不便益システム研究所所長)

郡 宏氏(お茶の水女子大学 基幹研究院 情報科学コース 准教授)

鈴木 祐記氏(国士舘大学 政経学部 政治行政学科 講師)

岩村 太郎氏(恵泉女学院大学 副学長)

市川 力氏(探研移動小学校主宰/探究プロデューサー)

松島 倫明氏(NHK出版 放送・学芸図書編集部 編集長)

 ほか多数


主催:あてもなく研究所


※「『あてもない』時間のススメ」は、文化庁 平成29年度戦略的芸術文化創造推進事業「プロジェクトスクール@3331」に参加しているスクール生により企画され、実施されるものです。
Sat Mar 10, 2018
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
千代田区外神田6丁目11−14 Japan
Organizer
あてもなく研究所
31 Followers
Attendees
6